2008.01.29 カンコーホームルーム 【Vol.24】「恋愛に関する意識調査」

中学生、高校生ともなると、友達と好きな人の話をしたり、先輩に憧れたりと、異性を気にし始めます。生徒たちは恋愛についてどう考えているのでしょうか。
今回は、生徒たちの恋愛について調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中高生600人(中学生228人、高校生372人)
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2007年12月

現在、恋人はいますか?

現在、恋人が「いない」と回答したのは89.0%でした。中高生で恋人がいるのは、ごく一部のようです

【図1】現在、恋人はいますか?(単数回答)

恋人がほしいと思いますか?

現在、恋人がいない生徒の中で、恋人が「ほしい」と思っている生徒は70.6%にのぼりました。恋人は「いらない」という回答の理由としては、「勉強に集中したいから」「異性と話すのが苦手だから」「面倒だから」などがあげられました。

【図2】恋人がほしいですか?(単数回答)

【恋人はいらないと思う理由】

  • 恋愛に興味がない
  • 異性と話すのが苦手だから
  • 面倒だから
  • 忙しくて余裕がないから
  • 勉強に集中したいから
  • 今は受験のことで頭がいっぱいだから
  • 邪魔にしかならないから
  • 自分の時間を大切にしたいから
  • 恋愛よりも他にやりたいことがあるから
  • 今は友達が大事だから
  • 周りにいい人がいないから
  • 別れるときに辛いから
  • 実際できた時にお互い気遣ったりするのが少し面倒だと思うから
  • 人に好きになってもらう程、自分のことが好きではないから

恋人がいるという生徒は約1割で、ほとんどの生徒には恋人がいないというのが現状です。
現在、恋人がいない生徒のうち、恋人がほしいと考えている生徒は半数以上いましたが、中には恋愛に対して興味がないという生徒や、恋愛よりも勉強や趣味、友達との関係を大事にしたいという生徒もいました。
恋愛に対する姿勢は人によって異なりますが、生徒たちは恋愛は恋愛、勉強は勉強で切り分けて考え、それぞれ頑張ろうとしているようです。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。