2006.10.31 カンコーホームルーム 【Vol.09】「部活動に関する意識調査」

生徒たちは学校で勉強や同級生との横のつながりを学ぶだけではなく、先輩後輩との縦のつながりも学びます。特に、部活動を通して先輩や目上の人を敬ったり、後輩を育てたりすることなどを学ぶ生徒が多いように思います。上下関係を円滑に保つ能力は社会に出ても必要です。
今回は、部活動に参加している高校生を対象に、部活動に対する思いを調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の部活動に参加する高校3年生185名 (今年度すでに部活動を引退した生徒も含む)
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2006年8月

部活動は楽しい?

「とても楽しい」「やや楽しい」を合わせると運動系の部に所属している生徒は97.6%、文化系の部に所属している生徒は87.1%が「楽しい」と回答しています。いずれも「楽しい」という回答が多いのですが、運動系の部に所属している生徒のほうが「楽しい」と回答している率がやや高いと言えます。

【図1】部活動は楽しいですか?(単数回答)

部活動を辞めたいと思った経験は?

「辞めたいと思ったことがある」という回答が運動系の部に所属している生徒では52.4%と過半数を超えていますが、文化系の部に所属している生徒では43.6%の回答に留っています。文化系の部に所属している生徒よりも運動系の部に所属している生徒のほうが「辞めたい」と思うことが多いようです。
「辞めたい」と思った理由は『顧問や部員との人間関係が上手くいかない』といった人間関係的な要因が運動系、文化系共通で多く見られ、運動系でのみ多く挙げられていた理由としては『スランプ』『受験勉強』などがありました。

【図2】部活動を辞めたいと思ったことはありますか?(単数回答)

部活動での上下関係は厳しい?

文化系の部に所属している生徒の79.2%が「厳しくないと思う」と回答しているのに対し、運動系の部に所属している生徒のうち「厳しくないと思う」と回答したのは45.0%でした。文化系の部よりも運動系の部のほうが、圧倒的に上下関係が厳しいという傾向が伺えます。

【図3】部活動での先輩後輩の上下関係は厳しいですか?(単数回答)

今回調査した結果、部活動に参加している生徒の大半が部活動に楽しさを感じていることがわかりました。この調査の中で、「学校で必ず部活動に入らなければいけませんか?」という質問をしたところ、「部活動への参加を学校から強制されていない」生徒が全体の82.7%でした。自主的に部活動に参加している生徒が多いことが「楽しい」という回答が多い要因の1つとして考えられます。
部活動では、上下関係や他校との交流、顧問の先生や部員同士の絆など、様々な人間関係を築くことができますが、その反面、人間関係などで悩んでいる生徒も多いようです。
そして、厳しい練習やスランプに耐えなければいけないなど、困難に直面し辞めたいと思うことも度々あるようですが、それらの困難を克服するたびに、生徒たちは達成感を感じ、成長していきます。そして、総括的には「楽しかった」と言えるのが部活動のようです。
部活動を通して夢や目標を持つことの大切さや、努力することの大切さなど多くのことを吸収し、素敵な青春の1ページを刻んでほしいと思います。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_219_illust.jpg

【Vol.219】高校生が思う体操服に必要なこと

2024.04.30 カンコーホームルーム 体操服は、体育の授業で着用するためのスポーツウェアとして全国の小中高校で採用されています。そして、体育の授業以外にも、部活動や課外学習・遠足、地域によっては登下校や校内着として、体操服を着る場面もあるようです。では、高校生が思う体操服に必要なことはどのようなことでしょうか?今回は、全国の高校生を対象に、体操服を着るシーン、体操服を着ていて気になること、体操服で重視することを調査しました。

fig_218_illust.jpg

【Vol.218】高校生の自転車通学時のヘルメット着用状況

2024.03.26 カンコーホームルーム 改正道路交通法の施行により、2023年4月1日から年齢にかかわらず自転車利用者のヘルメット着用が努力義務化されました。努力義務とは、「ヘルメット着用に努めなければならない」というものであって義務ではないため、ヘルメットを着用しなくても違反に対する罰則は定められてはいません。では、高校生の自転車通学時のヘルメット着用はどのような状況なのでしょうか?今回は、全国の高校生を対象に、自転車乗車時のヘルメット着用の努力義務化の認知状況、ヘルメット着用の有無、ヘルメット着用時に気にすることを調査しました。

  • fig_217_illust.jpg

    【Vol.217】卒業後の制服とエコ意識

    2024.02.27 カンコーホームルーム 卒業式が終わると、卒業生は制服を着ることがなくなります。制服は学生生活の長い時間を共に過ごした思い出が詰まった服なので、着る機会がなくなっても手放すことを躊躇する人も少なくないようです。では、卒業後の着なくなった制服はどのようにしているのでしょうか?今回は、全国の高校生を対象に、中学校で着用していた制服タイプ、卒業後の制服、制服を通じたエコ意識について調査しました。
  • fig_216_illust.jpg

    【Vol.216】中高生の着用制服と着たい制服タイプ

    2024.01.30 カンコーホームルーム 学校制服は、スクールアイデンティティ(SI)を表現し、生徒が着たくなるデザインや快適性、長時間着続けても耐久性に優れ丈夫でお手入れが簡単にできるものなど、時代とともに進化しています。そして、詰襟、セーラー服、ブレザー、スーツなど、様々なタイプがあります。では現在、中高生はどのようなタイプの学校制服を着ているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校に通う男女1,200人を対象に、着用している制服のタイプ、着たい制服のタイプとその理由について調査しました。
  • fig_215_illust.jpg

    【Vol.215】中高生が考える「学校制服の必要性」

    2023.12.26 カンコーホームルーム 受験・進学のときに気になることの1つに学校制服があります。学校制服は、学校毎にデザインや色・形・生地・仕様などが異なり、「憧れの○○学校の制服」や「あの制服を着たいから、この学校を受験する」という声もあるほどに中高生にとって関心の高いアイテムのようです。では現在、制服を着ている中高生は学校制服について、どのように思っているのでしょうか?今回は、全国の中学・高校に通う男女1,200人を対象に、学校制服の必要性、学校制服の良い点や必要だと思うことについて調査しました。