2006.08.29 カンコーホームルーム 【Vol.07】「外見についての意識調査」

kankoホームルームvol.3で生徒たちがどのような制服を着たがっているかをご紹介しました。その中で、「制服に求めることは?」という質問に対して「流行を取り入れたかっこいい・かわいいデザイン」という回答が第3位に入っていました。この結果からも生徒たちの服装に対する興味が強いことがうかがえます。 街を歩いてみると、一生懸命おしゃれをしている若者たちをよく見かけます。特に高校生はおしゃれに敏感で、外見を非常に気にしているようです。

調査概要

  • 調査対象:全国の高校3年生323名
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2006年3月

容姿やスタイルが気になるか?

全体の回答で「とても気になる」と「割と気になる」を合わせると82.1%が容姿やスタイルを気にしていると答えています。女子は「とても気になる」と「割と気になる」を合わせて92.3%、男子は「とても気になる」と「割と気になる」を合わせて72.4%でした。男女とも、容姿やスタイルを気にする生徒が多いのですが、特に女子のほうが意識が高いことがわかります。

【図1】自分の容姿やスタイルが気になりますか?(単数回答)

人から身なりが清潔・キレイに見られたい?

全体の回答で「とてもそう思う」と「ややそう思う」を合わせると85.7%が人から身なりが清潔・キレイに見られたいと思っていることがわかります。「とてもそう思う」、「ややそう思う」と回答したのは、女子が94.3%だったのに対し、男子は77.2%となっており、ここでも男女の差が見られます。

【図2】人から身なりが清潔・キレイだと思われたいですか?(単数回答)

今回の調査では、高校生が外見に高い意識を持っており、特に男子よりも女子のほうが外見を気にする傾向が高いことが表れていました。
ではなぜ生徒たちは外見を気にし、ファッション性を高める努力をするのでしょうか。
生徒たちは、時代に遅れることや友達グループからはずれることを好まず、ファッションにおいても自分だけはずれないように他人の目を過剰に意識しているようです。そのような友達との同調意識が、ルーズソックスを履いたり、スカートを短くするといった制服における着崩しが広まった原因の1つとして考えられます。
高校生は人から身なりが清潔・キレイだと思われたいと強く思って努力をしています。しかし、一歩着こなしの方法を間違えてしまうと、第一印象で相手に不快感を与えてしまい、自分の印象をも悪くしまうことがあります。
制服を通じて正しい着こなしを生徒1人1人が身に付け、外見をイメージアップするだけでなく、内面的な成長にもつなげてほしいと思います。

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。

fig_198_illust.jpg

【Vol.198】女子制服のスラックス導入の状況

2022.07.26 カンコーホームルーム 近年、性別に関係なく着ることができるジェンダーレス制服の1つとして、今までスカートのみだった女子制服にスラックスを導入する学校が増えています。では、女子制服のスカートとスラックスの選択制はどれほど導入されているのでしょうか。今回は、10~60代の男女1,200人を対象に女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度と学校での選択制の有無、女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージついて調査しました。

fig_197_illust.jpg

【Vol.197】世代別の中学校の制服タイプ

2022.06.28 カンコーホームルーム 中学校の制服といえば、男子は「詰襟(学ラン)」、女子は「セーラー服」という制服タイプをイメージする人も多いと思いますが、近年、男女共に「ブレザー」タイプの制服にデザイン変更をする中学校が増えています。では、昔と比べて中学校の制服は変化しているのでしょうか。今回は、10~60代の男女1,200人を対象に小学・中学・高校のときの制服の着用の有無と、中学時代に着ていた制服タイプについて調査しました。

  • fig_196_illust.jpg

    【Vol.196】子どもの将来の夢(2)

    2022.05.31 カンコーホームルーム 子どもが将来に夢や目標を持つことは、将来なりたい自分の姿をイメージして、自己実現に向けて日々取り組むことができるようになるため重要とされています。しかし、実際は将来の夢や目標を明確に持てない子どもも多いようです。では、親は子どもの将来の夢について、どれくらい知っているのでしょうか?今回は、小学・中学・高校生のいずれかの子どもを持つ親を対象に、子どもの夢の有無、子どもの夢の把握状況、学校教育の政策・動向で重要だと思うことを調査しました。
  • fig_195_illust.jpg

    【Vol.195】学校が考える「学校制服の必要性」

    2022.04.26 カンコーホームルーム 学校制服の歴史は古く、日本では今から100年以上前の明治時代に始まったとされています。詰襟(学ラン)・セーラー服・ブレザーなど、形やデザインは違ってもほとんどの人が学生時代に着用した経験のある学校制服ですが、学校の先生たちは、学校制服の必要性について、どのように感じているのでしょうか?今回は、全国の中学校・高校に勤務する教員1,400人を対象に、学校制服の良い点、学校制服の必要性、学校制服に必要だと思うことについて調査しました。
  • fig_194_illust.jpg

    【Vol.194】学校生活で好きな時間・行事

    2022.03.29 カンコーホームルーム 4月になると新年度がスタートします。学校の行事は、4月の入学式・始業式から始まって3月の卒業式・終業式まで、課外活動、試験、文化祭、体育祭、修学旅行などの数多くの学校行事があります。では、高校生は学校生活の中で、どのような時間・行事が好きだと思っているのでしょうか?また、そのような学校生活をどのように共有しているのでしょうか?今回は全国の現役高校生1,099人を対象に、学校生活で好きな時間・行事、学校生活や放課後に写真を撮るか、他校の制服デザインが気になるかについて調査しました。