2017.08.03 キャリア教育 探究学習をきっかけに、主体的・対話的で深い学びを育む【第3回】

探究型学習を通じて、子どもたちの主体的・対話的で深い学びを育む取り組みを進める東京都の富士見中学高等学校。教育活動の一環として取り組む「キャリア甲子園」を通じて、企業との交流の中で生徒の探究心を育むキャリア教育を実践されています。今回の記事では、全4回に渡って、キャリア甲子園に取り組まれた先生方の想いと、生徒さんたちの成長をご紹介します。第3回は、前回に引き続き、昨年度のキャリア甲子園に参加した生徒から、活動を通した自身の学びや気づき語っていただきます。

【第1回記事】 先生インタビュー 富士見中学高等学校 大関 朝美先生
【第2回記事】 生徒インタビュー チーム  「ふるふる」 米村 渚 さん
【第4回記事】 生徒インタビュー チーム  「らーのこ」  菊池 杏里さん

自分が新しいものを考えることが好きなのに気づけた


チーム  「カーボミオシー」  山口 あさ美さん

—「キャリア甲子園」に参加したきっかけは?
山口 「キャリア甲子園」の決勝の様子をおさめたビデオを見たとき、自分と同じ高校生が、自分たちでは思いつかないようなアイデアを発表していたことに驚きと憧れを持ち、私も挑戦してみたいと思ったのがきっかけです。

—取り組みのなかで大変だったことや、そこから学んだことは?
山口 私たちが選んだ課題は理系的で専門知識が必要だったので、課題に似た事業をしている企業を探し、直接問い合わせをして、自分たちの企画の実現可能性を伺いました。企業の方からは実現の可能性はあると言っていただけただけでなく、様々なアドバイスやデータなども提供していただき、とても親身にサポートしてくださいました。全く知らない大人と話す機会は高校生のうちではあまりないので貴重な経験になったと同時に、自分の視野も広がったと感じます。

—「キャリア甲子園」を経験してどんな変化があった?
山口 学校内で自分たちの企画を発表する機会があったとき、限られた時間の中で自分たちの考えを聞き手に理解してもらうためには、相手の立場になって物事を考えなければならないと感じました。聞いている人は何を求めているのか、何を知りたいのかを一歩引いた目線で企画やプレゼンを考えてきたので、普段の授業でクラスメイトが発表していても、何を伝えようとしているのかを理解できるようになった気がします。自分の意見を押し通すのではなく、時には他の人の意見を聞き、良いところは取り入れていくことの大切さを学んだと思います。

—「キャリア甲子園」の経験を将来にどのように生かしていきたい?
山口 企業の課題に取り組んだことは大変でしたが、とても楽しかったです。そして、自分自身が何か新たなものを考えることが好きなんだということにも気づきました。将来はその時代に求められる新たな価値観やイノベーションを起こす職業を目指したいと思っています。

◎キャリア甲子園とは

マイナビが2014年より主催する高校生を対象にしたビジネスコンテスト。参加企業等から出題された課題に対し、高校生がチームで事業プランを企画し、プレゼンします。一次審査は書類選考、二次審査はプレゼン動画審査をしてテーマごとに5チームを選出。準決勝で企業等に直接プレゼンし、決勝大会で優勝を争う5チームが選ばれます。



いかがでしたか? 次回も引き続き、キャリア甲子園に参加された生徒の声をご紹介させていただきます。
【第1回記事を読む】 先生インタビュー 富士見中学高等学校 大関 朝美先生
【第2回記事を読む】 生徒インタビュー チーム  「ふるふる」 米村 渚 さん
【第4回記事を読む】 生徒インタビュー チーム  「らーのこ」  菊池 杏里さん

「カンコーは、子どもたちの夢と学びを応援しています」

※本稿は、(一社)カンコー教育ソリューション研究協議会からの業務委託により、菅公学生服株式会社がお届けする学校現場のお悩み解決を目的とした教育関係者様向け情報誌 『カンコータイムズ』 を基に加筆した記事です。