2017.08.03 キャリア教育 探究学習をきっかけに、主体的・対話的で深い学びを育む【第2回】

探究型学習を通じて、子どもたちの主体的・対話的で深い学びを育む取り組みを進める東京都の富士見中学高等学校。教育活動の一環として取り組む「キャリア甲子園」を通じて、企業との交流の中で生徒の探究心を育むキャリア教育を実践されています。今回の記事では、全4回に渡って、キャリア甲子園に取り組まれた先生方の想いと、生徒さんたちの成長をご紹介します。第2回は昨年度のキャリア甲子園に参加した生徒から、活動を通した自身の学びや気づき語っていただきます。

【第1回記事】 先生インタビュー 富士見中学高等学校 大関 朝美先生
【第3回記事】 生徒インタビュー チーム  「カーボミオシー」 山口 あさ美さん
【第4回記事】 生徒インタビュー チーム  「らーのこ」 菊池 杏里さん

今学んでいるものは、なんでも将来に役立つ


チーム  「ふるふる」 米村 渚 さん

—「キャリア甲子園」に参加したきっかけは?
米村 高校生のうちに、学校外の活動をやってみたいと思ったからです。学校内でもいろいろ学べることはありますが、外部に目を向ければもっといろんなことを学べるし、知ることができるので、今挑戦したいと思いました。

—取り組みのなかで大変だったことや、そこから学んだことは?
米村 メンバー全員が部活をしていたため、全員そろって打ち合わせするのが難しかったです。そういったなかで、全員が空いている時間が夜しかなかったため、SNSを活用して、時間を決めて企画の打ち合わせをしました。勉強に部活に「キャリア甲子園」とやらないといけないことばかりで、とても忙しく、締め切りや打ち合わせのスケジュール管理には苦労しましたが、限られた時間のなかで物事をどう進めていくのかを考える力は鍛えられたと思います。メンバーそれぞれの得意分野はその人に任せるなど、役割分担ができたので、しっかりと企画づくりに取り組めました。

—「キャリア甲子園」を経験してどんな変化があった?
米村 これまで嫌いだった科目は「やらないといけない」という気持ちで臨んでいましたが、「キャリア甲子園」を通じて、学んだことは将来の自分につながっているということを知り、プラスに捉えて勉強できるようになりました。「嫌い」という感情で閉ざされていたものが開いたような感じで、今学んでいるものは、なんでも将来に役立つんだと思えるようになり、いろんなことに興味を持てるようになりました。

—「キャリア甲子園」の経験を将来にどのように生かしていきたい?
米村 「キャリア甲子園」を通じて、学校の教科だけ勉強するのではなく、コミュニケーション能力や自分で考える力を付けていかないと社会では通用しないことを実感しました。また一つの物事をいろんな角度から見て考えることも大切であることも学びました。将来社会人になった時、そういった部分を生かせていければと思います。

◎キャリア甲子園とは

マイナビが2014年より主催する高校生を対象にしたビジネスコンテスト。参加企業等から出題された課題に対し、高校生がチームで事業プランを企画し、プレゼンします。一次審査は書類選考、二次審査はプレゼン動画審査をしてテーマごとに5チームを選出。準決勝で企業等に直接プレゼンし、決勝大会で優勝を争う5チームが選ばれます。



いかがでしたか? 次回も引き続き、キャリア甲子園に参加された生徒の声をご紹介させていただきます。
【第1回記事を読む】 先生インタビュー 富士見中学高等学校 大関 朝美先生
【第3回記事を読む】 生徒インタビュー チーム  「カーボミオシー」 山口 あさ美さん
【第4回記事を読む】 生徒インタビュー チーム  「らーのこ」 菊池 杏里さん

「カンコーは、子どもたちの夢と学びを応援しています」

※本稿は、(一社)カンコー教育ソリューション研究協議会からの業務委託により、菅公学生服株式会社がお届けする学校現場のお悩み解決を目的とした教育関係者様向け情報誌 『カンコータイムズ』 を基に加筆した記事です。