2017.08.03 キャリア教育 探究学習をきっかけに、主体的・対話的で深い学びを育む【第1回】

探究型学習を通じて、子どもたちの主体的・対話的で深い学びを育む取り組みを進める東京都の富士見中学高等学校。教育活動の一環として取り組む「キャリア甲子園」を通じて、企業との交流の中で生徒の探究心を育むキャリア教育を実践されています。今回の記事では、全4回に渡って、キャリア甲子園に取り組まれた先生方の想いと、生徒さんたちの成長をご紹介します。第1回は取り組みに関わられた先生から、活動を通して生徒さんたちが成長していった様子について、語っていただきます。

外部のリソースを活用し、企業と交流することで、生徒の探究心を育成


富士見中学高等学校  大関  朝美先生

学校内での教育に加え、生徒が外の世界を知り、社会の仕組みを学べるきっかけを持たせたいと、本校では3年前から「キャリア甲子園」に参加しています。私は昨年度、高校1年生の進路担当者として関わりました。

 本校では、人間味のある生徒、将来社会で活躍できる女性を育てたいという思いから、探究型の学習の導入を進めています。「キャリア甲子園」は課題に対し、事業プランを企画しプレゼンするという探究型学習の要素を含んでいます。更に、このプログラムは、授業の一環として全員が取り組むのではなく、自由参加型の課外活動と位置付けているため、参加した生徒たちは、自分の責任のもとやり遂げねばなりません。夢物語のような企画を実現可能にするため、企業に問い合わせたり、細かく計算したりと試行錯誤を繰り返していました。「企業にアイデアを採用してもらいたい」という高い目標があったからこそ、最後まで積極的に取り組めたと思います。その結果、一次審査の書類選考では、全国で2番目に多い9チームが通過しました。

 「キャリア甲子園」を通じて、主体的な学びやチームワークを学べたことはもちろん、自分のアイデアを他者が納得するように組み立てる「論理的思考」が自然と身についたと感じています。彼女たちは教科で学べる以上の知識を自分たちで発見し、知らず知らずのうちに「主体的・対話的で深い学び」を実践していたと思いますね。

 私たち教員は、なるべく「教えない」というスタンスで臨み、質問されてもアドバイスし過ぎないよう心がけています。生徒は、主催者であるマイナビのスタッフの方々や様々な企業の方々からのアドバイスを受けながら課題に取り組んでいました。こうした外部の方々とのやりとりは、生徒にとって大きな刺激になったようで、一つ一つのアドバイスを真剣に聞き入っている様子が印象的でした。

 「キャリア甲子園」のような外部のプログラムを課外活動に取り入れることで、効果的にキャリア教育に取り組めたと感じています。今回の成果は生徒にとっても、私たち教員にとっても大きな収穫となりました。(取材/中村広正)

◎キャリア甲子園とは

マイナビが2014年より主催する高校生を対象にしたビジネスコンテスト。参加企業等から出題された課題に対し、高校生がチームで事業プランを企画し、プレゼンします。一次審査は書類選考、二次審査はプレゼン動画審査をしてテーマごとに5チームを選出。準決勝で企業等に直接プレゼンし、決勝大会で優勝を争う5チームが選ばれます。



いかがでしたか? 次回以降は、キャリア甲子園に参加された生徒の声をご紹介させていただきます。
【第2回記事を読む】 生徒インタビュー チーム  「ふるふる」 米村 渚 さん
【第3回記事を読む】 生徒インタビュー チーム  「カーボミオシー」 山口 あさ美さん
【第4回記事を読む】 生徒インタビュー チーム  「らーのこ」 菊池 杏里さん

「カンコーは、子どもたちの夢と学びを応援しています」

※本稿は、(一社)カンコー教育ソリューション研究協議会からの業務委託により、菅公学生服株式会社がお届けする学校現場のお悩み解決を目的とした教育関係者様向け情報誌 『カンコータイムズ』 を基に加筆した記事です。