産学連携実学体験プロジェクト

 

子どもたちの社会的・職業的自立に向け、必要となる能力や態度を企業の視点からお伝えしています。

 

 

子どもたちのキャリア発達を企業の視点からお手伝い

solution_career-industry1.pngsolution_career-industry2.png

カンコー学生服では、子どもたちのキャリア教育支援を目的に学校現場とコラボレーションした産学連携のプロジェクトを実施しています。子どもたちにはプロジェクトの活動を通して、職業観や勤労観、課題解決力などの涵養とともに実際の企業活動や自らの職業適性の理解を深めてほしいと願っています。

取組事例のご紹介

solution_career-industry3.png

岡山南高等学校 服飾デザイン科 
産学連携実学体験プロジェクト ー MPS ー
(MINAMI PRACTICAL SCIENCE PROJECT)

岡山県の主要産業である繊維・服飾業について、専門的に学んでいる岡山県立岡山南高等学校 服飾デザイン科の生徒たちが、企業が行っている活動を体験することで、自身のキャリアアップや産業の活性化につなげようとするプロジェクトです。

2014年度の取組

solution_career-industry4.png

「次世代体操服企画」

現在の社会問題を解決する未来の体操服を考えることで、企画力・デザイン力・伝達力を学び、実際の商品化までのプロセスを経験する企画を実施しました。企業の商品企画業務を学ぶことで、服飾やデザインが “社会とどうかかわるか” や “デザインの職業的な広がり” を学んでいただきました。

2015年度の取組

solution_career-industry5.png

「磐梨体操服イノベーションプラン」

岡山県赤磐市にある赤磐市立磐梨中学校の体操服のデザインから商品化までをMPSで実施しました。生徒にはただデザインするだけでなく、生徒や保護者のニーズを汲み取り、コストや耐久性も考慮するなど、商品を企画し、世に出す難しさとやりがいを体感していただきました。

2016年度の取組

fig_sangaku_01.jpg

「岡輝中学校女子制服リファインプラン」

岡山南高校から最も近くにある岡山市立岡輝中学校の女子制服が平成29年春からマイナーチェンジすることになり、その具体的なプランから商品化までをMPSで実施することが決定しました。生徒たちはマイナーチェンジの範囲やコスト面に苦労しながらも、中学生や保護者のニーズを汲み取り、動きやすさや耐久性にも考慮して検討しました。

2017年度の取組

2017_okayama_MPS.jpg

「岡山南高校 女子夏制服エヴォリューションプラン」

平成4年から着用されている岡山南高校の夏服を25年ぶりにマイナーチェンジすることになり、その具体的なプランから商品化までをMPSで実施しました。
南高の伝統はもちろん、8,000人以上のOGが着用したというプレッシャーを感じながらも、在校生や保護者のニーズを汲み取り、次世代の南高を表す女子夏服を検討しました。(2018年度 入学生より着用開始)

2018年度の取組

2018_okayama_MPS.JPG

「SHIN 制服プロジェクト」

地方の衰退・資源の枯渇・在日外国人の増加・多様性が求められる社会。
日本が抱えている4つの社会問題をテーマに、8つの班が問題の現状を調査・分析。課題解決につながる制服を「SHIN」という言葉をコンセプトにデザインしました。
ー 生徒たちが企画した8つの「SHIN」制服 ー
「親」「進」「清」「参」「信」「賑」「信」「神」

メディア情報

プロジェクトの活動は、メディアでも取り上げられています。

教育家庭新聞

2017/11/27掲載、2018/11/5掲載

全私学新聞

2018/3/23掲載

山陽新聞

2014/7/18掲載、10/24掲載、2015/9/6掲載、2017/11/21掲載、2018/3/7掲載

繊維ニュース

2014/7/22掲載、10/28掲載、2015/9/8掲載、11/25掲載、12/18掲載、2017/11/7掲載、2018/3/8掲載、2018/8/20掲載、2018/10/30掲載

繊研新聞

2017/11/29掲載、2018/3/28掲載

週刊VOICE

2014/8/25掲載

VISION岡山

2014/12/8掲載、2015/12/7掲載、2018/11/12掲載