企業情報

プレスリリース

2017.07.03 プレスリリース 「水球日本代表(ポセイドンジャパン)オフィシャルスーツ」を 菅公学生服が倉敷市へ寄贈


菅公学生服株式会社(本社:岡山市北区駅元町 代表取締役社長:尾﨑茂)は、水球日本代表(ポセイドンジャパン)オフィシャルスーツを倉敷市へ寄贈いたしました。(男子のみ、女子は株式会社明石スクールユニフォームより寄贈)。オフィシャルスーツは、倉敷市を通じて、7月1日に(公財)日本水泳連盟、水球日本代表チームへ贈呈され、日本代表としての行動時に着用していただくものとなります。

suikyu1.jpg

■寄贈時コメント
菅公学生服株式会社 代表取締役社長 尾﨑 茂
我々は学生服メーカーとして、長年倉敷市児島の地で制服・体育着の製造をしてまいりました。近年は、子どもたちの夢や学びの応援ということで、特に2020年に向けて、スポーツ、そしてオリンピックを支援しようという活動も行っています。
そして、倉敷市では長年桃太郎カップを開催され、「水球の町倉敷」として活動されていることを存じ上げておりました。一緒になって、ポセイドンジャパンへの支援が何かできないかということで、この度寄贈させていただくことになりました。このスーツを身に着けてますます活躍していただくことを願っております。

倉敷市市長 伊東 香織様
倉敷は「水球の町」として、桃太郎カップを主催しており、今年が10年目の節目の年になります。また、昨年はインターハイも倉敷で開催し、名実ともに若手の水球選手のメッカになっていることを実感しています。2020年のオリンピックも間近に迫ってる中、よりさまざまな面で応援していきたいと考えていたところ、菅公学生服さまより男子のユニフォーム、明石スクールユニフォームカンパニーさまより女子のユニフォームを寄贈賜り、倉敷市を通じて日本水連の方へお贈りすることとなりました。地元といたしましても大変ありがたくうれしく思っております。
皆様のお気持ちをお伝えし、選手たちが頑張ってくれるよう引き続き応援をしていきたいと思います。心より感謝申し上げます、ありがとうございました。

■スーツ概要
紳士ジャケット用に開発された倉敷産の高級デニム素材を使用。デニムならではの素材感やインディゴブルーの独特の色合いはオフィシャルスーツとしての品性を備えながらも、若々しさや爽やかさを表現している。


図3.png
図6.png図4.png図5.png


<スーツ>
ポセイドンジャパン用オリジナルモデル。フロントボタンには「JAPAN WATER POLO TEAM 2017」の文字を刻印。衿のフラワーホールと袖のボタンホールには「水球」をイメージした爽やかなブルーを取り入れている。
<シャツ>
白×ブルーのストライプ柄によるボタンダウン。遠征先でも常にシワなくキレイに着こなせ、長時間の着用でも動きすくストレスの少ないニット素材を使用。胸ポケット上には「JAPAN WATER POLO TEAM」の頭文字をとった「J.W.P.T」を刺繍したオリジナルモデル。
<ネクタイ>
インディゴスーツにコーディネートした紺×オレンジのレジメンタル。剣先には日本代表のロゴを織り込んでいる。

■倉敷市より贈呈時のコメント

suikyuaoki.png
公益財団法人日本水泳連盟会長 青木 剛様
この度、倉敷市特産のジーンズと、伝統的な縫製技術を用いたスーツを、水球日本代表ポセイドンジャパンオフィシャルスーツとしてご提供いただけることとなりました。
水球は昨年男子が32年ぶりにリオデジャネイロオリンピックへ出場いたしました。残念ながら勝つことはできませんでしたが強豪国との善戦という収穫もありました。東京までに日本水球が求められるのは善戦という試合内容ではなく勝利です。皆様にいい結果がご報告できるよう、精一杯世界選手権で頑張ってまいります。引き続きご声援よろしくお願いいたします。本日はありがとうございました。
suikyuitou.png
倉敷市市長 伊東 香織様
この度は、私ども「繊維の町倉敷」からオフィシャルスーツ贈呈の申し出をさせていただいたところ、水泳連盟様より快く大変ご理解を賜り、この場を設けていただきましたこと心より感謝を申し上げます。
倉敷市は今日本全国の中で繊維製品の出荷額が1,215億円で、日本一の繊維の町として全国で知られております。その中でも地元倉敷市児島の学生服、ユニフォーム、スーツ、そして最近では特にデニム製品が非常に注目されています。オフィシャルスーツは地元の学生服の雄でいらっしゃる菅公学生服さま、明石スクールユニフォームカンパニーさまより私どもに対してご寄贈いただき、倉敷市より水泳連盟様にご寄贈させていただくことができました。このスーツを着ていただくことでより力を増し、東京オリンピックに向けて素晴らしい成果を上げていただけますことを心よりご期待申し上げて、地元からの感謝の言葉とさせていただきます。今後とも桃太郎カップを頑張ってまいります。
suikyulast.jpg

PDFPDFダウンロード

pdf_b.png 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。