命の授業講演会

元中学校体育教師の腰塚勇人氏が「命の大切さ」や「命の喜ぶ生き方」について、小学生・中学生・高校生を対象に行っている講演です。

clb_life.png

講師プロフィール

92-3.jpg

「命の授業」講演家 腰塚勇人 こしづかはやと

1965年、神奈川県生まれ。
元・中学校体育教師。スキーでの大事故で首の骨を折り、全身麻痺の体に。
その後、懸命のリハビリにより社会復帰できるまでに回復し、事故をきっかけに人生も人生観も大きく変化。2010年3月教職を辞し、現在は『命の授業』の講演を通じて 「命の大切さ」や「命の喜ぶ生き方」を伝えている。 


92-1.jpg 2010年5月 ダイヤモンド社より『命の授業』出版。
2010年7月 フジテレビ系『奇跡体験アンビリバボー』に出演。
2012年3月 PHP研究所より『感謝の授業』出版。
2012年8月 フジテレビ系『テレビ寺子屋』に出演。
2013年2月 月刊『致知』インタビュー記事掲載。

講演内容

「命の授業」5つの誓い

口は、人を励ます言葉や感謝の言葉を言うために使おう。耳は、人の言葉を最後まで聞いてあげるために使おう。目は、人のよいところを見るために使おう。手足は、人を助けるために使おう。心は、人の痛みがわかるために使おう。

命の授業講演会についての開催のご相談、詳細のご確認については以下からお問い合わせください。


お問い合わせ