カンコー

カンコーホームルーム

レポート詳細

【Vol.29】 「家庭での洗濯に関する調査」

  • 保護者
29

2008年06月24日

詰襟やセーラー服などは、昔は家庭で洗えないというイメージが強かったと思いますが、最近は家庭で洗える制服が多くなってきています。しかし、洗濯は面倒という人もいるのではないでしょうか?
そこで、今回は中学生、高校生の子どもを持つ母親に洗濯についてうかがいました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中学生、高校生の母親1,016人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2008年4月

洗濯の頻度は?

家庭での洗濯の頻度は「毎日」という人が最も多く、82.3%でした。「週1回以下」という人はほとんどおらず、1%未満でした。

hr_graph_29_01
【図1】洗濯の頻度は?(単数回答)

洗濯は好きですか?

洗濯が「とても好き」「やや好き」と回答したのは、全体で66.9%となっており、洗濯が「好き」という人が多いといえます。

hr_graph_29_02
【図2】洗濯は好きですか?(単数回答)

制服の洗濯で失敗した経験

ポケットの中に、紙くずやティッシュなどが入っているのに気づかずそのまま洗ってしまい、大変なことになってしまったという失敗経験が多く見られました。また、アイロンがけで失敗したという声も多くあげられました。

【制服の洗濯で失敗した例】

  • ポケットに生徒手帳を入れたまま洗ってしまった。(30代・専業主婦)
  • ポケットの中にティッシュが入っているのを確認せずに洗濯機で洗ってしまい、洗い上がりが悲惨な状態になってしまった。(40代・パートタイム)
  • 同じ黒い色だから良いと思い一緒に洗ったら他の衣類の繊維が付いてしまった。(30代・フルタイム)
  • アイロンがけの時に折り目を間違えてしまって変な型がついてしまった。(40代・専業主婦)
  • ズホンを洗った時に乾いていなかったので、乾燥機にかけたら縮んでしまって、子供は気がつかないだろうと思っていたら履いたらわかってしまって、裾上げしたのをもとにもどした。(40代・フルタイム)
  • シミをとろうとして、シミがとれるどころかさらに薬品ジミができてしまい、クリーニングに出せる週末までそのまま制服を着せておくしかできなかったこと。(40代・専業主婦)
  • 洗濯のためにはずした名札を無くしてしまった。(40代・パートタイム)
洗濯は、どの家庭でもほとんど毎日されています。洗濯が嫌いという人は少なく、むしろ好きだという人のほうが多いことがわかりました。しかし、制服を洗濯する際にポケットの中のものを出し忘れてしまったり、洗濯後のアイロンがうまくかけられなかったりと、失敗した経験を持っている人もいました。
制服は毎日着るものだからこそ、家庭で洗濯をしたいという意向が強いと思います。しかし、趣味や仕事で忙しい母親が増えてきている中、ただ家庭で洗濯できるだけではなく、イージーケアできるものが求められています。生活の多様化とともに、制服も進化していくことが求められているように感じます。

get reader 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。