KANKO

お手入れ方法

アイロン方法

まずは制服の生地に合わせて、適切な温度と方法を確認しましょう。また、アイロンがけのとき、力を入れてこするとテカリが出てしまいます。
テカリを防ぐために必ずあて布をし、軽くおさえるようにしてかけましょう。

まず、ケアラベルのアイロンマークを確認しましょう

アイロンがかけられます。
210℃を上限の高温
アイロンがかけられます。
200℃を上限の高温
アイロンがかけられます。
160℃を上限の中温
アイロンがかけられます。
150℃を上限の中温
アイロンがかけられます。
120℃を上限の低温
アイロンがかけられます。
110℃を上限の低温
アイロンはかけられません。 アイロンはかけられません。
当て布のイラスト

下の波線は【当て布】を示します

付記用語で【当て布】が指定されている場合があります

取り扱い絵表示タグの詳細はこちら

詰襟学生服パイピング縫込みタイプのカラー

パイピング部分には、アイロンが当たらないように注意してください。アイロンをかける場合は、必ず低温(80℃~120℃)であて布をして行ってください。

イメージ

スカートのプリーツ

プリーツの裾を洗濯バサミで挟んで固定し、きちんとあて布をしてスチームアイロンをかけると、きれいなプリーツが復活します。

イメージ
気をつけて!

プリント・エンブレム・ワッペンがある場合

アイロンを当てると、プリントやエンブレム・ワッペンがはがれてしまう恐れがあるので、アイロンはかけないでください。

イメージ

商品によりお手入れ方法は異なります。必ずそれぞれの商品のケアラベル(洗濯表示のタグ)をご確認ください。
ご不明な点は、お客様相談室にお問い合わせください。