カンコー

カンコーホームルーム

レポート詳細

【Vol.28】 「高校生の制服への想い入れ調査」

  • 高校生
28

2008年05月27日

学生にとって制服は、入学から卒業までを一緒に過ごす身近な存在です。
今回は、高校3年生(2007年度卒業生)に制服への想いをうかがいました。

調査概要

  • 調査対象:卒業式を終えた全国の高校3年生300人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2008年3月

卒業後、制服はどうしますか?

卒業後、制服を「保管しておく」という回答が最も多く、53.0%でした。半数以上の生徒が「保管しておく」という結果となりました。「捨てる」という生徒は少なく、10.3%しかいませんでした。

hr_graph_28_01
【図1】卒業後、今まで着ていた制服はどうしますか?(単数回答)

制服があってよかったと思いますか?

制服があって「とてもよかった」という回答は60.7%でした。「ややよかった」という回答を合わせると、94.0%という非常に多くの生徒がよかったと感じています。また、制服を着られなくなることは「寂しい」など、制服に愛着を感じている生徒の声が多く寄せられました。

hr_graph_28_02
【図2】制服があってよかったと思いますか?(単数回答)

【制服を着られなくなることに対する想い】

  • この服を着て学校に行くことがないと思うと哀愁を感じてしまう。また人生においてひとつの通過点を過ぎた感じ。(高3・男子)
  • もうすぐ青春も終わりなんだなと思った。(高3・男子)
  • 3年間慣れ親しんだ制服から私服に変わるのは何か寂しい。(高3・女子)
  • 着られなくなってから思いましたが、やはり悲しいものだと思いました。今まで普通に着て学校に行っていたのに、急に着なくなると少し違和感を感じるぐらいでした。(高3・男子)
  • 中学生の頃から6年間制服を着ていたのでやっぱり寂しいし、ずっと着ていたいです。これから女子高生などをみたら絶対うらやましくなると思います。(高3・女子)
  • 学校の制服を着れなくなることはとても寂しい。思い出が詰まってるんで。(高3・男子)
  • ださくて嫌だったけど、今はちょっと寂しいかな。(高3・女子)
  • 制服は中学、高校生の特権!というイメージなので若さを失ってしまうように感じました。(高3・女子)
  • 卒業式の時に、この後もう制服を着ることは無くなるのだと実感し、少し寂しくなった。後日(卒業式以降)、友達と制服でプリクラを撮りに行ったりした。(高3・女子)
  • 今までずっと着てきた制服が着られなくなるのは残念だけど、着られなくなることによって、成長したな、もうこんなに大きくなったんだなと思う。(高3・男子)
卒業後、制服を保管しておくという生徒が53.0%と半数を超えていました。また、制服があってよかったという生徒は94.0%と非常に多く、制服が生徒たちに対していかに大切なものだったかがわかります。
制服を着られなくなることに対する想いとしては、「3年間慣れ親しんだ制服から私服に変わるのは何か寂しい」、「3年間ずっと着てたものなので、捨てられない」など制服に愛着があり、名残惜しさを感じているというコメントが多く見受けられました。
制服には愛着があり、着られなくなることは寂しいことだと思いますが、制服を着ていた学生時代の思い出を胸に、卒業後も学校で学んだことを忘れず過ごしてほしいと思います。

get reader 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。