カンコー

カンコーホームルーム

レポート詳細

【Vol.16】 「高校生の好きな教科・嫌いな教科に関する調査」

  • 高校生
スクリーンショット 2013-06-19 15.09.14

2007年05月29日

文部科学省の定めによると、小学校、中学校では必修教科9科目と道徳、総合的な学習の時間や特別活動が教科として定められ、高校では普通教科10科目、専門教科13科目と総合的な学習の時間や特別活動が教科として定められています。個人差はありますが、多くの生徒は学校の授業で得意、不得意があると思います。
今回は、好きな教科・嫌いな教科に関して高校生を対象に調査を行いました。

調査概要

  • 調査対象:全国の高校生540名(男子270名、女子270名)
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2007年2月

高校生の好きな教科は?

好きな教科として全体の回答が最も多かったのは「情報」で37.8%の回答がありました。男女別でみると、男子は「情報」40.4%、「体育」35.9%、「地理歴史」31.1%、女子は「国語」39.6%、「芸術」38.9%、「情報」35.2%の順で回答が多く、好きな教科について男女で差が見られます。

hr_graph_16_01
【図1】好きな教科は何ですか?(複数回答)

高校生の嫌いな教科は?

嫌いな教科として回答が多かったのは「数学」で、全体でみると5割近くの回答がありました。男女別にみると、男子は「数学」41.9%、「外国語」33.0%、「国語」30.4%の順に回答が多く、女子は「数学」57.0%、「体育」37.4%、「地理歴史」36.7%の順に回答が多かったです。嫌いな教科も男女で差があることがわかります。

hr_graph_16_02
【図2】嫌いな教科は何ですか?(複数回答)
高校生の好きな教科として最も回答が多かったのは「情報」でした。ただし、好きな教科として回答が少なかった教科がイコール嫌いな教科というわけではなく、「公民」、「家庭」、「芸術」、「総合的な学習の時間」は好きな教科として回答が少なかったにも関わらず、嫌いな教科としてあまり多く挙げられていませんでした。
勉強は積み重ねが大切で、ほんの少しのわからないことや小さなつまずきが原因で、嫌いになってしまったり、苦手意識が生まれたりします。一度苦手意識を持ってしまうと、その後、意欲的に勉強することは難しくなり、最終的には学力低下にもつながります。まずは、何がわからないのかを明確にし、しっかり理解することが、苦手意識を和らげる第一歩になるでしょう。

get reader 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。