KANKO

お問い合わせ お客様相談室

プレスリリース

2016年04月06日菅公学生服×ストライプインターナショナル パートナーシップ契約を締結 ~協業事業として商品開発を実施~

hp

菅公学生服株式会社(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:尾﨑茂、以下「菅公」)と株式会社ストライプインターナショナル(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:石川康晴、以下「ストライプ」)は、協業事業および社会貢献活動に関するパートナーシップ契約を締結いたします。これにより、新ブランドの学校指定制服と制服関連自由購入商品(セーター、コート等)の企画製造販売、さらに学校向けキャリア教育プログラム提供の検討を進めてまいります。

学校指定制服については、ストライプの主力ブランドearth music&ecology(以下「アース」)が主にデザイン面におけるサポートをする形で、菅公が新たなブランド「KANKO earth music&ecology」を立ち上げます。「フェミ  ニン」「ナチュラル」「アート」の3つのテーマで商品を開発。「フェミニン」は、パステルカラーのジャケットやフレ アースカートに加え、ギャザーなど女性らしいディテールを取り入れた商品を展開予定です。「ナチュラル」は、ポリエステル100%の着心地のよい素材で作るテーラードジャケットや、丈長のプリーツスカートを中心に、トラッドなテイストの商品を揃えます。「アート」は、ジャンパースカートを軸とした、クラシックな雰囲気のアイテム展開。ボルドーなどの落ち着いたカラーで、上品な印象を与えます。なお、いずれのアイテムも、各学校の希望に合わせて、色や素材を変更することが可能です。
制服関連自由購入商品は、アースの新レーベルとして「earth music&ecology KANKO Label」をスタートいたします。こちらは菅公の「学生工学」に基づいた監修のもと、ウォッシャブル機能やイージーケア機能等、学生ニーズにあわせた快適性と扱いやすさを取り入れて、ストライプが開発。シャツ、スカート、ベスト等ニット類といったベーシックなアイテムに加え、ダッフルコート、さらにリボンやネクタイ、ソックスなどの小物も展開予定です。各アイテムには、レース、フリル、ギャザー、ハートのボタンやウサギの入ったドット柄など、得意とする「カワイイ」テイストをふんだんに盛り込み、アースらしいガーリーな仕上がりとします。さらに、定期的にコラボレーション企画も実施予定で、第一弾はアリスの刺繍を施したシャツなどのラインナップです。
なお、学校指定制服は5月より営業活動を開始し、2018年度からの納品を目指します。制服関連自由購入商品については、9月よりECサイト「STRIPE CLUB」およびカンコーショップでの販売を予定しております。

菅公とストライプは、制服メーカーとアパレルを中心に展開する企業が手を組むことで、従来トラッドで堅いイ メージのあった制服に「デザイン性」を付加し、魅力的なものにしていきたいと考えています。さらに、制服関連自由購入商品をECサイトに多数揃え、トータルコーディネートの提案と、利便性の向上を図ってまいります。新たな協業で制服市場に新しい風を吹き込み、若い世代に「服」を楽しんでもらえるよう取り組んでいきます。

■販売概要(予定)
<学校指定制服:KANKO earth music&ecology>
商品概要:
「フェミニン」ジャケット、フレアースカート、丸襟シャツ、カーディガン
「ナチュラル」ジャケット、丸襟シャツ、プリーツスカート、ニットベスト
「アート」ジャンパースカート、丸襟シャツ、カーディガン
販売場所:学校毎の指定販売店
販売時期:2016年5月より営業活動開始、2018年春新入学採用を目指す
<制服関連自由購入商品:earth music&ecology KANKO Label>
商品概要(計19型):
シャツ・・・3型(ラウンドカラー、フリル、ピンタック) ※イージーケア機能
スカート・・・1型(プリーツ) ※ウォッシャブル
コート・・・1型(ダッフルコート)
ニット・・・3型(ベスト、カーディガン、Vネック)
バッグ・・・2型(デイバッグ、スクールバッグ)
ソックス・・・2型(27cm丈、32cm丈)
シューズ・・・1型(ローファー)
ネクタイ・・・1型(4柄)
リボン・・・1型(4柄)
アリスコラボ・・・4型(シャツ、カーディガン、ソックス2型)
販売場所:カンコーショップ、ECサイト「STRIPE CLIB」(http://stripe-club.com/)
販売時期:2016年9月予定

■社会貢献活動について
「未来ちずPROJECT」という社会貢献活動を共同で実施し、女子生徒向けキャリア教育支援を実施予定で
す。実施場所やプログラム等詳細については、現在両社にて検討しております。

■記者発表時コメント
菅公学生服株式会社 代表取締役社長 尾﨑茂
制服は皆で同じものを着るという性質上、デザインの領域で世間の流行に遅れを取ってきた。基本となる品質や機能に注力しているが、まだまだ若い世代の感性に響いていない。変化が早い今の時代、斬新なデザインや流行のスタイルを単なる流行だからと眺めているだけでなく、制服にも取り入れていかなければならないとかねてより感じていた。制服の今一番あるべき姿を追い求めていく最先端の企業であるためにも、これからはストライプインターナショナルのサポートのもと、今までの制服の概念とは異なる制服を作り上げていきたい。さらに、詳細内容はこれから詰めていかなくてはならないが、両社での女子中高生へのキャリア教育などにも、力を注いでいくつもりである。

株式会社ストライプインターナショナル 代表取締役社長 石川康晴
現状は、先生が学生に着てもらいたい制服と学生が着たい制服の間に、デザインの温度差がある。そこで、学生工学というノウハウを持ち、学生服シェアNo.1の菅公学生服と協業することで、保守的な制服というカテゴ  リーにおいて、学生に高揚感を与える商品開発ができると考えている。レディースのヤングカジュアル市場でNo.1のアースと、制服でシェアNo.1の菅公が組むことにより、新しいマーケットを作っていきたい。「デザイン」によって新しい価値を作り出し、学生の新しい制服の楽しみ方を提供していく。
また、制服という市場では、私たちの顧客よりも若い13〜18歳のお客様にリーチでき、エントリーカスタマーの開発にも繋がることで、既存事業にも良い影響があると見込んでいる。