KANKO

オンライン展示会2021

時代は変化し、その時代にあった価値観が生まれます。
どんな時代を経て、未来はどうなっていくのでしょうか。
いま私たちはどの地点にいるのでしょうか。

学校の変換点がみえる

【会期】2020.11.16(mon) >>> 2020.11.20(fri) 9:00>>>21:00

【申込期限】2020.11.12(thu) 23:59まで(事前登録制)

参加ご登録

展示ブースイメージ

「変換点」をテーマにした、スクールソリューション&制服・体操服をご提案いたします。

※展示ブースはイメージです。

価値観が変わる
歴史を見て分かるように時代によって、人の価値観は大きく変化します。このブースではLGBTQ・SDGsについて考えます。
  • 医療現場からのメッセージ~LGBTQ~
  • SDGsを学校で取り組むべき理由
学校が変わる
学び方や人との関わり方など環境変化がコロナの影響により加速度を増しています。生徒たちの活動やデジタル技術の活用を紹介します。
  • 生徒たちの探求学習オンライン発表会
  • 安心安全の非接触型スマート採寸
  • WEBを活用したオープンスクール
着る人の声で変わる
制服・体操服に対するニーズは多様化しています。着る人の声にも直接耳を傾け、時代に合ったデザインを模索しています。
  • 女子中高生が考える「かわいい研究」
  • 着る人の声~制服・体操服 徹底討論会~
  • 制服/体操服 360°VRファッションショー
生活が変わる
これからの時代に求められる制服・体操服の機能性とはどのようなものでしょうか。背景とハイスペックな機能を紹介します。
  • 短時間で分かる!!
    制服・体操服の機能実験動画

講演・ワークショップ

社会環境の変化・価値観の多様化・予期せぬ緊急事態により、私たちの生活が変わろうとしています。
学び方や人の関わり方など、学校教育もまさに「変換点」に立っています。学校教育に役立つ情報をご紹介いたします。

11.16 (mon)
18:00-19:00
トークセッション
+質疑応答 
ライブ配信

普通科再編に伴う~地域探究学科の理想像~

今年7月に文部科学省から示された「普通科再編」案。その背景や意図を解説するとともに、「普通科再編」案の中で提起された『地域探究学科』の理想像や、高校と地域が連携すべき必然性や必要性について、高校教育改革や地方創生と有機化しながら、全国各地の教育委員会・高校・自治体等の施策展開を支援されている浦崎太郎氏と生重幸恵氏のお二人にご対談いただきます。

パネリスト

浦崎 太郎 氏
浦崎 太郎
大正大学地域創生学部 教授 / 文部科学省 高等学校教育改革に関するアドバイザー / 文部科学省「地域との協働による高等学校教育改革推進事業」企画評価会議 座長 他

ファシリテーター

生重 幸恵 氏
生重 幸恵
キャリア教育コーディネーター / ネットワーク協議会 代表理事 / 一般社団法人 教育ソリューション研究協議会 理事 / 内閣府地域活性化伝道師
11.17 (tue)
18:00-19:00
講演+質疑応答 
ライブ配信

創造性の脳科学~脳の個性と働き方~

AI・ビッグデータ・高速データ通信の技術革新が目覚ましい今、Society 5.0という超スマート社会を迎えようとしています。これからの社会では、単純な知的作業に代わり、複雑な問題を解決するような高い知的生産性が求められています。大きな社会変化の中で、予測不可能だと言われるこれからの社会を生きるためにも、創造性やヒラメキによる問題解決は重要な力となります。脳ビッグデータを用いた創造性に関わる脳形態・脳内ネットワークや、ひらめきの脳内メカニズムに関わるご研究をされている小川剛史氏をお呼びして、最新の脳科学の視点からの創造性やヒラメキの個性や脳の働き方についてご紹介します。

小川 剛史 氏
小川 剛史
株式会社 国際電気通信基礎技術研究所
脳情報通信総合研究所
主任研究員
11.18 (wed)
18:00-19:30
生徒発表+質疑応答 
ライブ配信
※終了時間は変更になる場合もあります

生徒による課題解決プロジェクト発表会

菅公学生服(株)とカンコーマナボネクト(株)は、総合的な学習・探究の時間に取り組んでいる『企業・地域課題解決(PBL)』を全国の生徒と協働しています。コロナ禍により、社会・企業の大人たちとの繋がる場や、成果発表の場が無くなる中、その「繋がる」「アウトプットする」「評価を受ける」場を作りました。生徒たちの課題解決に向かう取り組みをぜひご覧ください。

now planing
now planing
now planing
高校生
※数校予定しています
11.19 (thu)
18:00-19:00
講演+質疑応答 
ライブ配信

私と学校生活

2015年文部科学省より「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応等の実施等について」通知が出されました。「男らしく・女らしく」の時代から「自分らしく」の時代に変わりつつある今、学校生活を送る上で配慮すべきことはどのようなことでしょうか。男子として生まれ、現在は女性として生活している「西原さつきさん」が、制服や頭髪などの校則、トイレや更衣室など学校生活の中で困ったこと、友達や先生との関係性についてお話します。

西原 さつき 氏
西原 さつき
女優・「乙女塾project」代表
11.20 (fri)
18:00-19:00
ワークショップ 
ライブ配信

ICTを活用した 未来の力プログラム

ICTを活用した次世代を生き抜く力を支援するプログラムをご紹介いたします。こちらのプログラムはマニュアルをセットにして先生方のサポートができるようご準備しております。Withコロナ・ポストコロナ時代の特別活動等にお困りの先生方、ぜひご参加いただければと思います。

小島 貴子 氏
小島 貴子
東洋大学理工学部生体医工学科准教授 / 一般社団法人 多様性キャリア研究所 所長 / 一般社団法人 ヒューマノミクス実行委員会 共同代表 / カンコーマナボネクト株式会社 顧問 スーパーバイザー / 早稲田大学 商学部 非常勤講師 / 高知学園 短期大学 非常勤講師 / 株式会社Ageless 社外取締役 / 一般社団法人文果組 理事

【申込期限】2020.11.12(thu) 23:59まで(事前登録制)

参加ご登録