高校生の夏制服の定番♪可愛く快適に過ごそう!

 

natsuhuku.jpg

これから夏の制服を揃えていく方に、定番の夏制服アイテムやおしゃれな着こなしを紹介します。暑い夏も可愛く、そして快適に学校生活を過ごしましょう♪

目次

1 高校生の夏制服 定番アイテム
1-1 半袖シャツ
1-2 ニット
1-3 スカート
2 高校生の夏制服 おしゃれな着こなし
2-1 ベストを合わせてポイントに
2-2 ネクタイやひもリボンを合わせる
2-3 カーディガンを腰に巻く

1 高校生の夏制服 定番アイテム

1-1 半袖シャツ

   200221_0049.jpg

真夏でも長袖シャツを着ている中学生・高校生を多くみかけますが、女子高校生では約半数が半袖を着て通学しています。


半袖シャツの定番はカッターシャツですが、校則で自由に選べる人はカジュアルなコーディネートで着られてアイロンがいらないポロシャツを着用している人もいます。
シャツの上にニットなどを重ねて着る機会が少ない場合は、透けにくい素材を使っているものを選ぶのがおすすめです。シャツの透けはインナーで対策することもできます。制服専門店では、制服用のインナーもあります。制服用のインナーは背中部分もしっかりカバーして汗が吸い取れるようになっていたり、制服のえりから見えないVゾーンのつくりになっていたりします。
シャツの色が選べる場合は、カッターシャツは爽やかなサックス、ポロシャツはかっこいいネイビーも人気があります。
 

1-2 ニット

200628_303.jpg

夏制服に合わせるニットはベストの形が定番です。コーディネートのポイントとして、またシャツの透けが気になる時の対策としても便利なアイテムです。冷房や日焼け対策として長袖のニットを着る人も多いです。長袖は着脱がしやすいカーディガンがおすすめです。
ニットの素材は家庭でのお手入れがしやすく、吸水性・吸湿性に優れたコットン(綿)素材が良いです。色は白やベージュ、ライトグレーなどの明るい色が人気です。

1-3 スカート

200719_AW1601.jpg

制服のスカートも汗をかく季節は頻繁に洗いたいですよね。制服専門店の商品は家庭の洗濯機でお洗濯できるものも多く販売されています。制服がいつも綺麗な状態なら気持ちよく通学できますね。また、制服のスカートは夏用として生地の織り方を変えて薄手の生地を使用しているものもあります。
スカートには裏地がついているタイプのものもありますが、裏地がついていない方が汗や静電気で肌にまとわりつくことがないので、着心地が良いです。制服専門店のスカートは夏用の薄手のものでも生地がしっかりしているので、裏地がなくても透けは気にならないです。

 

2 高校生の夏制服 おしゃれな着こなし

2-1 ベストを合わせてポイントに

_DSZ6154.jpg

夏制服のコーディネートでシャツだけでは物足りないという時はニットベストを合わせるとコーディネートのポイントになります。全体の色を合わせると統一感のあるコーディネートになります。

2-2 ネクタイやひもリボンを合わせる

necktie.jpg

シャツの上にニットなど着ない時は、ネクタイやひもリボンを合わせるとコーディネートのちょうどよいアクセントになります。​​​​​​
 

2-3 カーディガンを腰に巻く

KHS411_12_01.jpg

腰回りの体型カバーができると人気の着こなしです。冷房で肌寒い時、日差しが気になる時にはカーディガンをさっと羽織れます。

夏制服の定番アイテムや着こなしを紹介しましたが、いかがでしたか?暑い季節でも快適な学校生活を過ごせるよう参考になれば嬉しいです。
 

※学校により着こなしのルールは異なります。
※校則を守って制服コーディネートを楽しんでくださいね! 

【記事公開日】2021.02.01
【記事更新日】2021.05.07

nancha_main_img_sm.jpg

カンコー学生服の直営店であるカンコーショップ原宿セレクトスクエアが提供する、1500円から制服を手軽に体験できる制服レンタルサービスです。

 

セレクト制服・スクールアイテムのお役立ち情報

 

 

制服レンタルサービス「NANCHA」

 

nancha_main_img_sm.jpg

ナンチャとは、カンコー学生服の直営店であるカンコーショップ原宿セレクトスクエアが提供する、1500円から制服を手軽に体験できる制服レンタルサービスです。