2016.11.21 カンコードリームプロジェクト 思いをつなげ! みやぎ総文2017からのメッセージ

カンコーは、子どもたちの夢を応援する 「KANKO DREAM PROJECT」 の一環として、高校生による文化の祭典 「全国高等学校総合文化祭(通称:総文祭)」 を応援しています。

総文祭は、高校生による生徒実行委員会が中心となって企画、運営される文化部のインターハイで1977年より開催されており、第41回目となる「みやぎ総文2017」は来年の総文祭本番に向けて、既に準備が進んでいます。

%e2%98%85%e3%81%bf%e3%82%84%e3%81%8e%e7%b7%8f%e6%96%87%e3%83%ad%e3%82%b4

むすび丸−2(左右)

 

◎大会愛称
みやぎ総文2017
◎大会テーマ
集え伊達の地に 創造の短冊に想いを乗せて
◎大会マスコットキャラクター
むすび丸

01%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%82%b0%ef%bc%88%e6%89%8b%e4%b8%8a%e3%81%92%ef%bc%89

みやぎ総文2017に向けて「震災からの復興と支援への感謝」

みやぎ総文2017に向けて、ひろしま総文での生徒交流会でお会いした推進担当の加藤先生と生徒実行委員長の三浦さんより来年にかける意気込みを伺いました。

みやぎ総文の活動について教えてください。

全国高等学校総合文化祭推進室 主査 加藤 由希先生 

震災からの復興と支援してくださった方への“感謝”をベースに、全国のみなさんと宮城県とのつながりを伝えたいと思っています。開会式では、仙台七夕にあやかり、みなさんの願いを短冊にしていただきます。被災した生徒もそうでない生徒も活動を通じて、一人一人が自分にできることを考え、地域の将来を担っていく力を身につけていってほしいと感じます。

webimg_7274来年にかける意気込みは?

生徒実行委員長 三浦 凜理さん 

私が実行委員会に参加した理由は高校生活で何か大きいことを成し遂げたいという思いがあり応募しました。現在は実行委員長を務めさせていただき、史上最高の総文祭に向けて準備を進めています。

みやぎ総文2017の実行委員としての活動が私の青春です。全身全霊をかけて、成功させられるよう頑張ります。

 


いかがでしたか? 総文祭本番に向けて実行委員のみなさんには頑張ってほしいですね!カンコーは、これからも総文祭の活動を取材し、情報発信して参ります。ご期待ください!

「カンコーは、子どもたちの夢と学びを応援しています」