KANKO

学校・先生向け

キャリア教育支援

今、子どもたちが自分らしい生き方を実現するための力が求められています。
カンコーでは、社会人基礎力を育むキャリア教育支援を行っています。

ドリームマップ出張授業

「学校ドリマ先生」認定講師が将来の夢や
仕事について考える授業を実施します!

カンコーは、エコな制服・体育着を題材に環境の大切さを伝える授業を実施します!

  • キャリア教育カリキュラム作成のお悩みを解消
  • 授業の準備が不要(講師との事前のお打合せ、生徒様への準備物連絡のみ)
  • 1日でキャリア教育の授業が完結
活用シーン

キャリア教育、総合学習、
土曜日授業、参観日、
1/2成人式など

対象学年
  • 小学4〜6年生
  • 中学生
  • 高校生

自分らしい生き方を実現するための力を育む

身近な制服で環境との関わりについて学ぶ

  • 人間関係形成・社会形成能力
  • 自己理解・自己管理能力
  • 課題対応能力
  • キャリアプランニング能力

ドリームマップ授業とは、「夢を描く力」「夢を信じる力」「夢を伝える力」をはぐくむ教育プログラムです。
将来の夢や仕事を「ドリームマップ」に描いて発表することで、こどもたちが夢や目標に向かって行動する機会を作ります。経済産業省の起業家教育にも採用されています。
ドリームマップ授業は、全国の小学校・中学校・高等学校で約250校の実績もありますのでぜひご応募ください。

夢をかなえるワン・ツー・スリーの法則

毎日の“仕事”や“勉強”、スポーツや音楽などの“練習”は、「人生の“目的”すなわち“夢”をかなえるための手段」です。
夢をかなえるワン・ツー・スリーの法則によって「仕事を通じて成長する喜び」と「夢を実現していく楽しみ」を伝えます。

※「ドリームマップの4つの視点」の図とセットで扱います。

身近な制服で環境との関わりについて学ぶ

ドリームマップの4つの視点

ドリームマップでは夢を、右記の4つの視点で描きます。

  1. 自己実現(物質的なこと)
  2. 自己実現(精神的なこと)
  3. 他者への貢献
  4. 社会への貢献

「自己」の心や物的充足のみならず、「他者」や「社会」への影響を考えることにより、他者や社会との関係における自己の価値や意義を強く意識し、社会性や公益性が導き出されます。4つの視点をもってドリームマップを作成することで、「仕事を通じて社会と繁がる価値」と、「他者や社会に貢献することの尊さ」を伝えます。

※ドリームマップでは、この図を、「ドリームマップの4つの視点」と呼び、「夢をかなえるワン・ツー・スリーの法則」の図とセットで扱います。

身近な制服で環境との関わりについて学ぶ

ページトップへ戻る

「ドリームマップ出張授業」学習内容

将来の「なりたい自分像」を明確にイメージ&ビジュアル化し、広く周囲に公言することで、その認知・受容を得ていきます。
さらに一人一人が自己に対するイメージをプラスに変化させ、その実現に向けた発展的かつ前向きな行動を起こすきっかけ作りをしていきます。

1時限ドリームマップ・ガイダンス

「ドリームマップ」授業の目標と今日1日の流れを説明。
場を和ませながら、授業のイメージを具体的に伝えます。

主な学習内容
  • 夢をかなえる1・2・3の法則
  • 自分の“好き”を見つける
  • 導入

ドリームマップ・ガイダンス

↓

2時限自分のイメージを探る

テキストを使ってマイナスの自己イメージをプラスに変えます。
夢をかなえる要素の「信じる」を体験します。

主な学習内容
  • 自分のイメージを変える
  • 自己イメージは変わる、変えられることを知る
  • 追求・探求

自分のイメージを探る

↓

3時限自分の将来を考える

なりたい職業や将来の自分を書き、夢にキャッチフレーズをつけたり、
なりきりインタビューなどで夢をより具体的にイメージします。

主な学習内容
  • 職業を調べる・ドリームマップの下書きをつくる
  • なりきりインタビュー
  • 追求・探求

自分の将来を考える

↓

4時限ドリームマップを作成する

「ドリームマップ」作成台紙を使って、夢をかなえる要素の「描く」を体験。
自分の夢が視覚化でき、具体的にします。

主な学習内容
  • 中央に自分の夢を描いて貼る
  • 写真、雑誌などの切り抜きを貼る
  • 追求・探求

ドリームマップを作成する

↓

5時限ドリームマップを完成させる

6限目の夢の全体発表に向けてスピーチシートなどの準備をします。
友だちの夢を聞いて自分のマップを更に充実させます。

主な学習内容
  • 発表する原稿を書く
  • グループを作って発表練習をする
  • 追求・探求

ドリームマップを完成させる

↓

6時限ドリームマップ全体発表

自分の夢を発表することで、夢をかなえる要素の「伝える」を体験。
人に伝えることで夢を実感し、応援される大切さを学びます。

主な学習内容
  • 自分の夢を友だちに伝える
  • 夢を共有する楽しさを知る
  • 振り返り
  • 発信

ドリームマップ全体発表

ページトップへ戻る

「ドリームマップ出張授業」実例校紹介

先生や保護者の方から高い評価をいただいています。

相模原市中野中学校

生徒が生き生きと主体的にドリームマップ作成に取り
組めた保護者の方にも発表時にご参加いただきました。
先生からのコメント
  • ・生徒が、目的を理解し計画的に主体的に取り組めました。
  • ・発表の日は見たこともないすばらしい姿を見ることができました。
  • ・できてもできなくても発表していき、みんなで盛り上げました。その中で子ども達は少しずつ自分の将来を考える、よい機会になりました。

岡山県八浜中学校

生徒のコメント
  • ・夢を諦めようと思っていましたが、ドリームマップのおかげで諦めずやってみようという気持ちになりました。
  • ・みんなが自分の夢に真剣に向き合ってくれてうれしかったです。夢に一歩近づけた気がしました。

保護者のコメント
  • ・将来のことを考えるよい機会になったと思います。成長を実感しました。
  • ・友だちの夢を聞いていろいろ考えることができたのでは、と思いました。

岡山県八浜中学校

岡山県立南高等学校 服飾デザイン科の2年生

夢を叶えるために「今の自分」がどうあるべきか
向き合う良い機会に。
先生からのコメント
  • ・自分の夢や職業観を膨らますことができ、生徒たちが意欲的に自分の将来を考える良い機会になりました。
  • ・今回の授業を通して、「自己理解を深める」「自己肯定感を高める」「コミュニケーション(他社理解)能力を伸ばす」という点に効果を感じました。

岡山県立南高等学校 服飾デザイン科の2年生

生徒のコメント
  • ・自分の進路に対しての気持ちが前向きになることができました。
  • ・写真を貼ったり文字にしたり可視化するこで、夢がより具体的にイメージできました。
  • ・みんなから夢を応援してもらえて心強く感じました。

岡山県立南高等学校 服飾デザイン科の2年生

高知市立城北中学校

2014年7月17日(木)高知市立城北中学校様にて、ドリームマップ出張授業が実施され、1年生6クラス160名にドリームマップを作成していただきました。

6コマの授業を通じて、ドリームマップの作成から発表まで行われ、将来の夢や目標に向かって、子どもたちが行動する力をサポートさせていただきました。
なかなか夢が決まらず悩んでいた生徒たちも、ドリマ先生の話を真剣に聞き、自分と向き合うことで、
「夢を見つけられてよかった!」
「自分に素直に少しなれた気がする!」
「夢に一歩近づけた、友達みんなに応援メッセージをもらって自信がついた!」
など、授業終了後にはニコニコしながら話してくれました。

高知県では、今後、3校の小学校・2校の中学校でドリームマップ出張授業が予定されています。

高知市立城北中学校

香美市立山田小学校

2014年9月5日(金)香美市立山田小学校にて、ドリームマップ出張授業が実施されました。7月に続き、高知県で第2回目の開催となります。
6年生3クラス87名にドリームマップを作成していただきました。当日は、地元テレビ2局(テレビ高知・高知放送)も入り、子どもたちが真剣に授業に取り組んでいる様子やドリームマップを作成・発表している姿が夕方のニュース番組で放送されました。インタビューに応じた子どもたちは、一生懸命作成したドリームマップを手に、しっかりと自ら描いた夢を語っていました。
先生からは、“アウトプット型の学習だったので、子どもたちは気持ちが晴れ晴れとしていた。自分を知り将来について考えるいい機会となった。” “キャリア教育に取り組むための入口として、すばらしい学習の場”と嬉しいお言葉を頂戴しました。

香美市立山田小学校

松山市立松山東中学校

2014年12月12日(木)松山市立松山東中学校にて、2年生68名に向けてドリームマップ出張授業が実施されました。
ご担当の先生からは「生徒の知らない一面を見ることができました!」「生徒の素直な反応が引き出せて、とてもありがたかった。」とコメントを頂戴いたしました。

生徒からは、ドリームマップを作成することで自然と笑顔になれたという感想も!

愛媛県の中学校では、14歳になった生徒たちに大人の自覚を持ってもらおうと毎年2月に「少年式」を開催して盛大にお祝いしています。 今回生徒たちが一生懸命作成したドリームマップは、この少年式で掲示される予定です。

松山市立松山東中学校

ページトップへ戻る

ドリマプランナー by フォーサイト(夢をはぐくむワクワク手帳)

ドリームマップ授業を受講された生徒の皆さんがドリームマップの考え方を継続的に実行できる、キャリア教育サポートツールを開発しました。

ドリマプランナー by フォーサイト(夢をはぐくむワクワク手帳)

詳しくはこちら

ページトップへ戻る

職場体験・インターンシップの受け入れ

職場体験・インターンシップの受け入れ
中学校や高校を対象に、職場体験やインターンシップを受け入れています。制服作りを通して、働くことやエコ活動の大切さを学んでいただきます。
普段自分たちが着ている制服や体育着について、よい点・悪い点を振り返り、着てみたいデザインや仕様を先生へプレゼンテーションし、意見を伝えるということも実施しています。
参加者の声
  • 職場体験に行って
  • 『職場体験に対して、最初は自信がなく気が進みませんでした。しかし、三日間の体験はどれもとても大変でしたが、充実した時間を過ごすことができました。実際に自分たちが中学校でプレゼンテーションをすると聞いた時は驚きましたが、体操服のデザインやマークを決めるのはとてもおもしろく、はじめてだけれど6人で協力して上手にできたと思います。プレゼンテーションは、間違いも少ししましたが、リハーサルより上手くできたのでうれしかったです』(中学3年生)
  • 『三日間の体験の中で、制服作り、倉庫整理、朝礼などをさせていただきましたが、とても大変だとわかり、皆さんが一生懸命作業されている姿が印象に残っています。一緒に作業をしていると、とても心を込めて作られていることがわかりました。プレゼンテーションでは、どのように言えば相手に伝わりやすいのかも教えてもらっていい経験になりました。リーダーになって、責任感や考える力も身についたと思います。この三日間の体験を、自分のこれからの進路を考えていく上で役立てるように、これからの学校生活でも頑張っていきたいと思います』(中学3年生)

学生ボランティアの受け入れ

学生ボランティアの受け入れ
学校のクラスやサークルと連携し、カンコーの関連施設や、カンコーが主催・協賛するイベントなどでのボランティアの受け入れを行なっています。ボランティアを通して、地域と社会に貢献する事の意義を感じると共に、仲間と協力して物事に取り組む力を身につけていただきます。