KANKO

学校革命 スクールイノベーション
学校法人別府大学 明豊中学校・高等学校
(校長 小野 二生先生)

「英語の明豊」で教員と生徒が繋がる学校づくり

「実用英語」に特化し、特色のある英語教育を実践している明豊中・高等学校。その取り組みについて小野校長と特進部長の園田先生にお話をうかがいました。

「英語の明豊」で
教員と生徒が繋がる学校づくり
特進部長 園田 雅浩先生

本校のある大分県別府市は国際観光都市でもあり、人口比に対する外国人留学生の数が東京に次いで多い町です。市内を歩けば外国人に接する機会も多く、それだけに英語への関心やニーズは高い土地柄です。そのような地域的な背景もあり、実際に使える「実用英語」に特化し、学園全体でグローバル人材育成のための英語教育に取り組んできました。
当初の課題は、実用英語を教育できる教員の確保でした。しかし、「英語の明豊」を打ち出すことで、実力を備えた教員が次第に集まるようになりました。指導力とともに生徒の学力も向上していき、最近では、東大レベルの英語力を持つ生徒も育ってきています。

本校では、ALTの講師が常駐し、通常の文法と読解のカリキュラム以外に、英語によるさまざまなコミュニケーション活動にも力を入れています。具体的には、英語劇や英語によるディベート、ALTの講師と生徒が一緒になって活動する「イングリッシュファンファンデー」などを実施し、より生活に密着した英語表現や活動を通じて生徒の興味やモチベーションを引き出すようにしています。こうした活動が、異文化への理解や国際交流の面白さへとつながっていけばと思っています。

受験偏重型の教育では、小・中・高と進むにつれて子どもたちの元気がなくなっていくのが現状です。特に高校になると集団が大きくなり、一人一人気にかけてもらえないという声も聞かれます。
本校では、学校側の期待を生徒に押し付けるのではなく、生徒自身の目的や夢にじっくりと耳を傾け、集団に埋もれさせることなく、一人ひとりの課題に対応した指導に重点を置いています。自主性を育てながら英語力をつけていくことで、大学受験で大逆転を果たす生徒もいました。同時に英語をきっかけに、幅広い視点で物事を考えられる柔軟な思考を身につけていくことも教育の大きなねらいです。
今後も、「明豊に行けば英語が話せる」「明豊に行けば夢がかなう」と評価してもらえるよう、特色のある学校づくりに努めていきたいと思っています。

生徒からのひとこと

明豊で英語を学んでの感想は?

  • ◎ 英語を通じて、自分から積極的にコミュニケーションがとれるようになりました。(明豊高校1年 井上さん 写真左)
  • ◎ 教科書にない英語での掛け合いが楽しい。明豊に入って英語が好きになりました。(明豊高校1年 徳永さん 写真中央)
  • ◎ ディベートで扱うテーマが深くて面白い。異文化に興味を持てるようになりました。(明豊高校1年 松川さん 写真右)