カンコー

カンコーホームルーム

レポート詳細

【Vol.55】 「小中一貫教育校への期待」

  • 保護者
55

2010年08月31日

小学校6年間と中学校3年間の学校教育を一体的に行う「小中一貫教育校」が、全国に広がりを見せています。小中一貫は、教育課程を4-3-2制、3-4-2制などに分け、従来の小・中学校教育の6・3制にこだわらず、9年間を通じ弾力的なカリキュラムを編成する新しい教育方法です。
今回は、中学生以下の子どもを持つ保護者の方を対象に「小中一貫教育校」への期待を調べました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中学生以下の子どもを持つ保護者203人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2010年4月

小中一貫教育校」の認知状況

中学生以下の子どもを持つ保護者で「小中一貫教育」を行なう学校があることを「知っている」と回答した人は83.0%で、多くの親御さんが小中一貫教育校の存在を認識しています。

hr_graph_55_01
【図1】「小中一貫教育校」という学校があることをご存知ですか?(単数回答)

「小中一貫教育校」への子どもの通学意向

「小中一貫教育校」に自分の子どもを通わせたいと思っている親御さんは、「とても通わせたい」、「まあ通わせたい」を合わせて38.2%でした。通わせたい理由としては、「環境が変わらない方が安心できる」「学業に専念できそう」という声が多く、通わせたくない理由としては、「人間関係が偏る」「授業料が高い」「利点がわからない」という声が聞かれました。

hr_graph_55_02
【図2】「小中一貫教育校」に子どもを通わせたいですか?(単数回答)

◆「通わせたい」理由

  • 環境が変わらない方が安心できる。(30代女性)
  • 先生の指導力がありそうだから。(40代女性)
  • 学業に専念できそう。(30代男性)
  • 教育方針がしっかりしていそうだから。(30代男性)
  • 勉強以外の生活面等まできちんと指導してくれているイメージがある。(40代女性)
  • 小学校から中学校へと突然違う種類の学校へ行くのではなく、緩やかに移行するので、子どもの戸惑いが少ない。(30代女性)

◆「通わせたくない」理由

  • 環境は変わった方がいいと思う。(30代男性)
  • 変化が無いと発想が乏しくなる。(30代男性)
  • 人間関係が偏ると思うから。(40代女性)
  • 競争がないため子どもがだれる。(40代男性)
  • 授業料が高い。(30代女性)
  • 利点がわからない。(30代女性)
【表1】「小中一貫教育校」に通わせたい・通わせたくない理由 (自由回答)
小中一貫教育校の存在は、中学生以下の子どもを持つ保護者の8割以上が「知っている」と回答しています。しかし、実際に子どもを通わせたいという親御さんはその半数以下の4割に満たない結果でした。その背景としては、「小中一貫教育校は知っているが、どのような利点があるかわからない」という6・3制との違いや教育内容の不明瞭さがあるようです。
通学意向は賛否両論ありますが、小中一貫教育のメリットについては、「環境」と「勉強」の面が挙げられています。特に、中学進学直後に勉強が急に分からなくなる「中1ギャップ」の解消や、人間関係の変化による不安などにより学校に通えなくなる「不登校」を防ぐなど、学力向上はもとより、生活指導面や心の育成面など、さまざまな効果が期待されています。

get reader 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。