カンコー

カンコーホームルーム

レポート詳細

【Vol.68】 「海外修学旅行の意向」

  • 中学生
  • 高校生
ピクチャ 21

2011年09月27日

子どもたちに人気のある行事の1つに「修学旅行」があります。修学旅行は、普段と異なる生活環境で見聞を広めるなどの教育活動で、1990年代以降、海外への修学旅行の実施も増加しています。今回は、中高生の海外の渡航状況や海外修学旅行で行きたい国を調べました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中高生1,200人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2011年7~8月

海外の渡航経験

海外への渡航経験は、中学生が25.0%、高校生では33.8%が「外国に行った経験あり」と回答しています。

hr_graph_68_01
【図1】外国に行った経験はありますか?(単数回答)

修学旅行で行ってみたい外国

中高生が修学旅行で行ってみたい外国の第1位は「アメリカ」という回答が最も多く、男子で29.8%、女子で20.3%となり、第2位の「オーストラリア」の男子9.2%、女子12.5%を大きく引き離しています。続いて、「フランス」「イタリア」「イギリス」となり、欧米の人気が高いようです。また、「海外には行きたくない」という声も多く、男子29.5%、女子25.8%が修学旅行で外国には行きたくないという結果になりました。

hr_graph_68_02
【図2】修学旅行で行ってみたい外国はどこですか?(複数回答)

アメリカに修学旅行で行きたい理由

中高生が修学旅行でアメリカに行ってみたい理由は、「英語」というキーワードが男子・女子共通して聞かれました。また、男子では「スポーツ」、女子では「ディズニーランド」という回答傾向が見られます。

男子
  • 英語が通じるか試したい。(中学1年生)
  • 楽しそうだから。(中学1年生)
  • ハワイで泳ぎたい。(中学1年生)
  • 野球発祥の地へ行って、本場の野球を見てみたいから。(中学1年生)
  • NBAがあるから。(中学1年生)
  • 先進国で、いろんな文化のある国だから。(中学2年生)
  • プロスポーツが盛んで、日本人が活躍しているし、自然もたくさんあるから。(中学2年生)
  • 自由の女神が見たい。(中学2年生)
  • 学校で習った英語が使えるか試してみたい。(中学3年生)
  • メジャーリーグが見たいから。(高校1年生)
  • 世界の中心的な国だから。(高校2年生)
  • 先進国のなかで最もパワフルな国だから。(高校3年生)
  • ホワイトハウスを見てみたい。(高校3年生)
  • アメリカ人と英語で話したいから。(高校3年生)
女子
  • アメリカのディズニーランドに行きたい。(中学1年生)
  • 将来、進学したい国だから。(中学1年生)
  • ニューヨークに行きたいから。(中学2年生)
  • 本場の英語文化に触れてみたい。(中学2年生)
  • 好きなアーティストがいるから。(中学2年生)
  • 憧れの国。将来住んでみたい。(中学3年生)
  • ラスベガスに行ってみたい。(中学3年生)
  • ハリウッドに行きたい。(中学3年生)
  • 本場のディズニーランドに行きたいから。(高校1年生)
  • 本場のダンスをみてみたい。(高校1年生)
  • 皆でフロリダに行けたら楽しいと思うから。(高校1年生)
  • 英語圏で観光やショッピングも出来そう。(高校2年生)
  • 友達と楽しめそうだから。(高校2年生)
  • ハワイに行ってみたいから。(高校3年生)
  • 英語が好き。(高校3年生)
【表1】修学旅行で行きたいと選んだ理由?(自由回答)
法務省入国管理局の発表によると、日本人の海外旅行者数は、昨年(2010年)は1,664万人と前年(2009年)の1,545万人から増加傾向にあります。このような国際化に伴い、子どもたちが外国に行く機会も増えているようです。
今回の調査では、中学生の4人に1人、高校生の3人に1人が、「海外への渡航経験がある」という結果となり、子どものうちから外国の文化や人に触れる機会があることがうかがえます。また、中高生が修学旅行で行ってみたい外国としては、欧米の人気が高く、中でも「アメリカ」は中高生の約3割が修学旅行で行ってみたい外国の第1位に選ばれています。アメリカに修学旅行で行きたい理由としては、観光やレジャーといった要素以外にも、「学校で習った英語が使えるか試してみたい」「将来、進学したい国だから」といった勉学への意欲が見られます。
国際化が加速する現代において、海外修学旅行は、語学学習や異文化を肌で感じるだけでなく、他国に日本の学生を知ってもらう機会にもなります。子どもたちには、日本代表として誇れる態度や服装で、多くを学んでほしいものです。

get reader 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。