カンコー

カンコーホームルーム

レポート詳細

【Vol.125】 「中学校のスクールバッグ事情」

  • 保護者
illust

2016年06月28日

新入学時に制服と一緒に揃えるアイテムの1つに「スクールバッグ」があります。スクールバッグは、中学校では学校指定品(学校で決まったデザイン・色・学校名・校章マーク等が入っている)という学校も多いようですが、最近では自由に色や形を選べる学校も増えているようです。では、中学生はどのようなスクールバッグを使っているのでしょうか?今回は、2016年4月にお子様が中学校に入学した母親を対象に、購入したスクールバッグのタイプや色・材質などの実態調査を行いました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中学1年生の子どもを持つ親573人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2016年6月

1.スクールバッグのタイプ

中学入学時に購入したスクールバッグのタイプは、「リュック・ディパックタイプ」(45.0%)が最も多く、次に、手で下げたり、背負ったり、肩にかけたりできる「3WAYタイプ」(27.1%)、「ショルダータイプ」(18.1%)が多いという結果になりました。

125_01
【図1】 購入したスクールバッグのタイプは?(単数回答)

2.スクールバッグの色

スクールバッグの色は、「黒色」(42.8%)、「紺色」(42.1%)の2色が多く、次に「青色」(5.9%)、「グレー色」(2.1%)といったブルー系や黒の色合いが上位を占めています。「茶色」(1.4%)、「えんじ色」(1.0%)、「赤色」(0.3%)のレッド系は少数です。また、「その他」(4.4%)は、カーキ・薄緑・黄緑などのグリーン系や、白・ベージュ系などの色もみられました。

125_02
【図2】 購入したスクールバッグの色は?(単数回答)

3.スクールバッグの材質

スクールバッグの材質は、「ナイロン・ポリエステル」(85.2%)が圧倒的に多く、「合皮」(8.7%)、「帆布・キャンパス」(4.9%)、「エナメル」(1.0%)、「革」(0.2%)という割合になりました。

125_03
【図3】 購入したスクールバッグの材質は?(単数回答)

4.スクールバッグを購入する際に重視した点

新入学時のスクールバッグ選びで重視したことの1位は「サイズ・大きさ」(27.7%)、2位は「丈夫さ・耐久性」(24.8%)、3位は「デザイン・タイプ」(18.5%)、4位は「収納・ポケット」(13.4%)、5位は「価格」(13.3%)という順位になりました。また、少数ですが「抗菌・消臭加工」(1.4%)を重視すると回答もみられました。

125_04
【図4】 スクールバッグを購入する際に重視した点は?(複数回答)
スクールバッグは、沢山の教科書やノート、筆記用具など入れて持ち運ぶ通学専用のカバンです。一昔前までは、手提げタイプや肩にかけるショルダータイプが多く見られましたが、最近では背負えて両手が自由になるタイプが主流のようです。
今回、中学1年生の子どもを持つ母親を対象にした調査では、中学入学時に購入したスクールバッグのタイプは、「リュック・ディパックタイプ」(45.0%)が最も多く、次に、「3WAYタイプ」(27.1%)、「ショルダータイプ」(18.1%)が中学生のスクールバックとして購入されることが多く、この3つのタイプで9割を占めます。中学生のスクールバッグの色と材質は、「黒色」(42.8%)、「紺色」(42.1%)などのブラックやブルー系が多く、材質は「ナイロン・ポリエステル」(85.2%)が圧倒的に多いという実態がわかりました。また、中学生のスクールバッグで選びでは、「サイズ・大きさ」(27.7%)、「丈夫さ・耐久性」(24.8%)、「デザイン・タイプ」(18.5%)、「収納・ポケット」(13.4%)などが重視されています。
ライフスタイルや環境変化によって、スクールアイテムは日々進化をしています。その中でも、スクールバッグは、学校生活の3年間、制服と同様に毎日使うものなので、デザイン・タイプなどのファッション性も気になるところですが、サイズ・大きさや丈夫さといった実用性や耐久性も、快適な中学校生活を送るためには重要と言えます。

get reader 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。