カンコー

カンコーホームルーム

レポート詳細

【Vol.90】 「中高生が制服に求めること」

  • 中学生
  • 高校生
スクリーンショット 2013-07-30 15.20.28

2013年07月30日

学校制服には、「学生らしさ」や「学校らしさ」が重視されていますが、近年は、「制服を着用する生徒自身に人気があること」も重視されています。では、現在の中学・高校生が制服に求めることはどのようなものでしょうか?今回は、全国の中学・高校生の制服着用時間や制服に必要だと思うことについて調査しました。

調査概要

  • 調査対象:全国の中学・高校生の 男女4,248人
  • 調査方法:インターネットリサーチ
  • 実施時期:2013年3月

制服の着用時間

中学・高校生が1日のうちで制服を着ている時間は、中学生は「7時間以下」28.8%、「8時間くらい」27.8%が多く、高校生は「8時間くらい」24.0%、「10時間くらい」20.2%、「9時間くらい」19.9%の順で多くなります。制服の着用時間は、中学生は「8時間以下」が約6割、高校生は「8~10時間」が約6割で、高校生のほうが制服を着ている時間が長いようです。

hr_graph_90_01
【図1】1日のうちで制服を着ている時間はどれくらいですか?(単数回答)

制服に必要だと思うこと

中学・高校生が制服に必要だと思うことは、全体(男女総合)第1位は「デザインが良い」53.5%、第2位は「着心地が良い」44.9%、第3位「動きやすい」41.3%、第4位「暑さ寒さに対応して快適である」39.2%、第5位「学生らしく見える」34.3%が制服に必要な条件として上位に挙げられていました。また、女子は「デザインが良い」62.5%が圧倒的に多く、男子は「着心地が良い」46.3%が第1位に挙げられました。

hr_graph_90_02
【図2】制服に必要だと思うこうとは、どのようなことですか?(複数回答)
中学・高校生が制服に求めることは、多種多様です。
今回の調査で、中学・高校生が1日のうちで制服を着ている時間は、中学生は「8時間以下」が約6割、高校生は「8~10時間」が約6割と多く、高校生では制服を着ている時間が「11時間以上」という生徒が約3割いることから、中学・高校生は1日の3分の1から2分の1にも及ぶ長い時間を、制服を着て過ごしていることがわかりました。そして、中学・高校生が制服に必要だと思うことは、見た目に関する「デザインの良い」が全体(男女総合)で第1位となり、次に、「着心地が良い」、「動きやすい」、「暑さ寒さに対応して快適である」といった快適性が制服の必要条件として、上位に挙がっていました。また、制服に必要だと思うことは、女子は「デザインが良い」62.5%が圧倒的に多く、男子は「着心地が良い」46.3%が第1位に挙げられていることから、性別によって制服に求める優先度は多少違いがあるようです。
中学・高校生にとって、制服は毎日着るものであり、1日あたりの着用時間も長いことから、制服に求めることは沢山あるようです。制服は、地域性や学校の理念を表現した独自性のあるデザインなど、昔に比べて種類もバリエーションも豊富になり、現在の中学・高校生は制服に対して見た目や快適性を重視する傾向にあるようです。学校制服は学生時代にしか着ることのできない特別な服です。その制服を通じて、学生生活がより良いものになるよう応援していきたいものです。

get reader 当サイトのPDFをご覧にいただくには、最新のAdobe Readerが必要です。こちらのバナーよりご用意ください。