KANKO

お手入れ知恵袋

症状別トラブル119番

制服・体育着が縮んでしまった。

[スカート]  [スラックス]  [上着(ブレザー・セーラー服・イートン)]  [体育着]  [詰襟]  [縮み] 

乾燥までをコースで行うタンブラー型の洗濯乾燥機が広く普及していますが、
詰襟やブレザー、セーラーが「ウォッシャブル」といっても、
乾燥に関しては、まだタンブラー乾燥できるものが少ないのが現状です。

なぜダメなのか?という大きな理由には、
ポリエステル繊維が「熱に弱い」という特長があげられます。

家庭用のタンブラー乾燥機は、高温の熱や風によって短時間で乾燥させますが、
ポリエステル繊維は耐熱温度を超えると縮みやすくなる性質を持っています。
しかも、それが回転しながら乾くまで続けられるので、
不自然に縮んだ繊維がそのまま固まってシワになってしまうのです。
こうなってしまうと残念ながら元には戻りません。
また、糸を使っている縫製部分もシワになりやすく、ドラムの内側に
叩きつけることにより型崩れもしやすくなります。

お手入れをする際は必ずケアラベルの洗濯絵表示に従って正しく行いましょう。

カンコー学生服では、乾燥機にかけられる詰襟学生服上下もございます。
自転車通学だから汗をかきやすい・・・など、
お洗濯を頻繁にする必要があるお母様は、ぜひご検討ください。