洗濯表示記号の新旧対比

洗濯方法

POINT
※全て桶のマークになります。
 (世界の洗濯機に様々な形状があるため、水を連想できるマークとして)。
※手洗いの液温上限が30℃から40℃になります。
従来表示 新表示
家庭洗濯機が使用できます。
通常のコースで洗濯できます。
上限40℃の液温
家庭洗濯機が使用できます。
通常のコースで洗濯できます。
上限40℃の液温
家庭洗濯機が使用できます。
弱水流のコースで洗濯できます。
上限40℃の液温
家庭洗濯機が使用できます。
弱水流のコースで洗濯できます。
上限40℃の液温
家庭洗濯機が使用できます。
弱水流のコースで洗濯できます。
上限30℃の液温
家庭洗濯機が使用できます。
弱水流のコースで洗濯できます。
上限30℃の液温
弱い手洗いが可能です。
家庭洗濯機は使用できません。
上限30℃の液温
弱い手洗いが可能です。
家庭洗濯機は使用できません。
上限40℃の液温
水洗いはできません。 家庭洗濯はできません。

漂白方法

POINT
※世界的に広く使用されている酸素系漂白剤の使用可否が追加されます。
従来表示 新表示
漂白処理が可能です。
塩素系漂白剤が使用できます。
漂白処理が可能です。
塩素系・酸素系漂白剤のいずれも
使用できます。
    漂白処理が可能です。
酸素系漂白剤であれば使用できます。
漂白処理はできません。
塩素系漂白剤が使用できません。
漂白処理はできません。
塩素系・酸素系漂白剤のいずれも
使用できません。

絞り方

POINT
※新絵表示では表記から無くなります。
※付記用語、もしくは自然乾燥のマークで扱い方の確認が必要です。
従来表示 新表示
手絞りの場合は弱く、
遠心脱水機の場合は短時間で
絞ってください。
  付記用語で示されます。
「弱く絞る」
絞ることはできません。   自然乾燥方法が「ぬれ干し」指定
となります。

乾燥方法

POINT
※家庭のタンブル乾燥の可否が追加されます。
※『ぬれ干し』の表記が追加されます(絞り可否はここで判別できます)。
従来表示 新表示
  新絵表示には家庭でのタンブル乾燥
についての表記が追加されます。
家庭でのタンブル乾燥ができます。
80℃上限の高温乾燥です。
家庭でのタンブル乾燥ができます。
60℃上限の低温乾燥です。
家庭でのタンブル乾燥はできません。
吊干し乾燥ができます。 吊干し乾燥ができます。
  ぬれ吊干し乾燥ができます ぬれ吊干し乾燥ができます。
日陰で吊干し乾燥ができます。 日陰で吊干し乾燥ができます。
  日陰でぬれ干し乾燥ができます 日陰でぬれ干し乾燥ができます。
平干し乾燥ができます。 平干し乾燥ができます。
  ぬれ平干し乾燥ができます。 ぬれ平干し乾燥ができます。
日陰で平干し乾燥ができます。 日陰で平干し乾燥ができます。
  日陰でぬれ平干し乾燥ができます 日陰でぬれ平干し乾燥ができます。

アイロン方法

POINT
※温度の上限がそれぞれ10℃下がります。
※旧絵表示にあった当て布のイラストは付記用語で表記します。

当て布のイラスト
従来表示 新表示
アイロンがかけられます。
210℃を上限の高温
アイロンがかけられます。
200℃を上限の高温
アイロンがかけられます。
160℃を上限の中温
アイロンがかけられます。
150℃を上限の中温
アイロンがかけられます。
120℃を上限の低温
アイロンがかけられます。
110℃を上限の低温
アイロンはかけられません。 アイロンはかけられません。

ドライクリーニング

POINT
※ドライクリーニングにも扱いの強弱が表記されます。
従来表示 新表示
パークロロエチレン溶剤
または石油系溶剤での
ドライクリーニングができます。
パークロロエチレン溶剤
または石油系溶剤での
ドライクリーニングができます。
  パークロロエチレン溶剤または石油系溶剤でのドライクリーニングができます。弱い処理 パークロロエチレン溶剤
または石油系溶剤での
ドライクリーニングができます。
弱い処理
石油系溶剤での
ドライクリーニングができます。
石油系溶剤での
ドライクリーニングができます。
  石油系溶剤でのドライクリーニングができます。弱い処理 石油系溶剤での
ドライクリーニングができます。
弱い処理
ドライクリーニングはできません。 ドライクリーニングはできません。

ウエットクリーニング

POINT
※クリーニング店での水洗い処理の扱いが表記されます。
※家庭での水洗いは含まれません。
従来表示 新表示
  新絵表示にはクリーニング店の行う
水洗い
についての表記が追加されます。
家庭での水洗いは含まれません。
ウエットクリーニングができます。
ウエットクリーニングができます。
弱い処理
ウエットクリーニングができます。
非常に弱い処理
ウエットクリーニングはできません。

日本独自表記から世界標準の表記へと変更されます。

2016年12月1日からは日本の全てのアパレル製品の表記が変更となります。
2016年12月1日以前に旧表示を行った製品は、それ以降もそのままの表示で差支えありません。
世界標準表記は、WTO(世界貿易機構)の目的とする世界の貿易の多角化のため、海外諸国からも求められていました。
これにより、海外からの輸入品や国内からの輸出品に対して、個別な対応を行うことなく、グローバルに展開することが可能となります。

繊維製品品質表示規定の改正内容より抜粋 <監修:菅公学生服株式会社 学生工学研究所>

このウィンドウを閉じる